2014年9月10日水曜日

A thought towards publishing of ungrounded unproven ever "vital evidence" assumingly illegally privately kept by so called a descendant of a policeman took in relation to so called relevant to a specific case

It is not anyone's interest to know race religion of criminal suspects or criminals. Rather it is rights of suspects/criminal to keep information of himself/herself and his/her religion race relevant ppl. 


On top of that, proof must be severely strictly clearly built complied to proove an "evidence" as evidence of certain specific case and as an evidence link a specific victim to a specific suspect. 


A man of suspect who died in one of gang killings had ever had any criminal suspicion ever? Has ever his belongings such as his shirt after he stabbed another gang and at the occasion he left it by someone else's place coincidently one of victim form a big mystery case?


Otherwise, no policeman would could have stolen any evidence or any belongings of suspects. 


What more important to mention is that what actually quasi-nonfiction is pointing at is police authority, which is more seriously problematic of such unreasoned unscientific in scientific disguised, with privately "examine" DNA matching which can be concluded by any suspect belongings or any shirts with "victim blood" so called, maybe his blood can be. Such science disguised quasi-nonfiction not only intends to force people to condemn someone who was correctly properly released by police without any sufficient grounds to charge him but also to wrongly put purresures on police and police appropriate criminal procedures whenever police is doing quite correct right for the people to pritect everyone's human rights to live in peace without any violence or threats from crimes and irrational ungrounded fundamentalism anger, whenever wherever police is doing rationally legitimately legally logically quite right thing to do and that would not prove exactly what certain discriminative racial excision nazis NeoNazis fundamentalism organization has sought to see. Such book made me think of NeoNazis or nazis to drag ppl into the world of delusion of nazis NeoNazis reigns or dreamt of the world or stories asif everyone especially who are against Nazis or NeoNazis violence gang supremacy "interests" were in "reality" in the "world" Nazis Neinazis as if something really “bad" since in the world of Nazis NeoNazis gang violence robbery "world", good were "bad" bad were "good". Then Nazis NeoNazis gang violence supremacy has dreamt of police which arrest any good against gang violence supremacy and any bad against existing ordinal normal law that protects everyone's individual human rights to live in peace, stable economy and equal individual rights of property freedom safety of lives and body and quality of life from violence robbery fraud threatening against individual human rights property rights intellectual rights dignity peace of life. 


People  must keep legitimate ordinal normal world.

2014年9月6日土曜日

今年代々木周辺の蚊が多い?水面のボウフラ食べてくれる鳥コウモリ飛ぶ昆虫 デング熱感染源は代々木周辺の蚊をデング熱に感染させた(てる)デング熱被感 染 者。蚊が増えたからなのか?代々木周辺の蚊にデング熱感染させたデング熱 感染者が代々木周辺で蚊にデング熱感染させすぎた為か?代々木周辺の蚊にデ ン グ熱感染させた人物は特定できたのか?複数か一名か?今も代々木周辺や日 本じ ゅうの蚊がいるところを歩いていすぎた為か?

以前よく代々木公園はドッグランに行きがてら散歩した。
全くと言っていいほど蚊にくわれなかった。
奥の方原宿口近くバラが植えてあるあたりからさらに少し奥の雑木林の緑地整備中の場所はすこーし蚊がいるような感じがした程度だ。

大抵公園には普通蚊はいない。
樹木と腐葉土と鳥鳩雀鴉や昆虫コウモリ蜘蛛たちが蚊もハエもほとんど食べてくれる。

早稲田町でも弦巻南公園の蜘蛛大型小型昆虫たちコウモリ鳩雀鴉鳥たちのおかげで蚊がほとんどいない。

ボウフラが湧く場所がないだけでなく
公園管理のおかげで雨の後の水たまりにボウフラがわかないよう気をつけていることもあるのかもしれないが。

が代々木公園も管理はいつも行き届いていて、噴水のある水辺で愛犬びすけと寝転がっても虫にも刺されず芝生もよくていれされていてきれいだった。芝生にゴミ一つ落ちていなかった。

代々木公園といえば、いつ行っても歩道にゴミ一つ落ちていない。
実にきれいに清掃されている。
コンクリ舗装の部分が少ないくらい自然が残っている公園で
芝生の広場でレジャーシート広げびすけとお花見しても蚊にも一切くわれなかった。ドッグランに行っている間に置きっ放しのおにぎりとコロッケは鳩とカラスにふたつくらい食べられているのを発見。おいておいたら「食べてね」と言わんばかりだ。まあそんなことは気にしない。鵠沼海岸のトンビたちのように手に持っているベーグルをさらって行くのよりはまあいい。まあトンビたちの森が減ったということもあるだろうが。

東京で蚊がいるのは川っぺりの草むら。それからお墓。
水がありボウフラ駆除しにくい場所。
流れのない水辺川べりがボウフラを産み付ける場所を与え草むらは暗く蚊が溜まる場所を作る。

蜘蛛の届かない水辺。
ボウフラ駆除しにくい場所でボウフラ食べてくれるのは水浴びしながらボウフラ食べてくれる雀鴉鳩たちコウモリたち。水辺の大型昆虫や亀トカゲなどの生き物たち。

もしかして
まさか
代々木周辺の地区で「生物多様化」と称し外国種の亀トカゲを「駆除」することで今年に限りボウフラを食べてくれる水辺の無害な大型爬虫類や昆虫類をまさか駆除したということはないですよね。

いつも思うのだが「生物多様化」
「駆除」の根拠は要するに「各国には各国各地発祥の植物動物しか暮らしてはいけない」というコンセプトだ。が実際生き物の生態系は世界各地どこの発祥の植物動物昆虫類でもきちんと生態系維持されている。日本発祥の蚊を食べてくれるのが外国種の亀でもトカゲでも人間や大型小型哺乳類の命を守り持って地球全体の森林や自然の循環を守り災害から守りあるいは災害後の復旧に尽力尽くせるように古代の昔からなっている。

「日本発祥の」「東京発祥の」「神奈川発祥の」「代々木発祥の」というこだわりは博物館や植物園動物園でなら行われても良いが実際の私たちの暮らしにとっては脅威となりかねない。
実態として例えば代々木の蚊ボウフラを駆除してくれる亀トカゲコウモリ鳥が外来種であっても特に地球と人類鳥類爬虫類の生態系に何も問題は起きていない。

ミドリガメや購入したペットの公園池への投げ捨ては社会問題倫理違反であり許されないがしかし捨てられたミドリガメが生態系を壊しているかというとミドリガメの繁殖で鯉が減ったという話は聞かない。
少なくとも神田川では亀も普通にいるし鷺も大きな鯉もたくさん泳いでいて鳥たち大型昆虫蜘蛛たち鴉雀鳩や多くの野鳥たちのおかげで蚊もほとんどいない。

改めていうが数年前によくいった代々木公園で散歩するのに蚊除けを使った覚えない。

八月雨が多かった?
ボウフラ駆除が行き届かなかった?
あのゴミ一つ落ちていないぴっしりきちんと管理行き届くあの代々木公園で?!

それとも残念なことに蚊の点検の蚊の採集箱が壊れてそのままにしていた為に外来種大型小型爬虫類蜘蛛蚊コウモリ「駆除」の結果?の蚊の異常繁殖に気づくのが遅れた為か?

上記は代々木公園の蚊が増えたためデング熱感染者の血液を蚊が吸って代々木周辺の人々を刺しデング熱感染が拡大したという代々木周辺の蚊の過剰繁殖が原因という視点に立った考え方だ。
がそもそもデング熱感染者が代々木周辺を歩き回り代々木周辺の蚊にデング熱を感染させまくった為なら代々木公園も明治神宮も代々木周辺の地区でも手のうちようがない。

つまり、たまたま代々木公園訪れたデング熱羅患者の血を代々木周辺の蚊がすって蚊を媒介にデング熱を代々木周辺の人々に伝染させてるだけが原因で蚊の数そのものは増えていないのかもしれない。

気になるのは、デング熱は土などから発生する地域風土病ではない。代々木周辺の地区でデング熱羅患者の血を代々木周辺の蚊が吸いデング熱菌を持つ蚊を媒介にデング熱に感染させてるという事実をほとんどのメディアは報道せず恰も代々木公園という場所が感染させているかのような報道が多いことだ。

はっきり言うが代々木公園がデング熱を発症させているわけではない。
がデング熱感染の蚊が増えたため結果雑木林と池など水辺で蚊の繁殖の条件揃った代々木公園はほぼ閉鎖状態なだけだ。

一般にデング熱ウイルスはネッタイシマカが媒介になるため日本で発生しないと言われている。
が日本発生かどうかにかかわらず問題はデング熱ウイルス持つデング熱感染者の血液をヒトスジシマカという特定の蚊が吸いヒトスジシマカという蚊に刺された人の血液にデング熱ウイルスを感染させることが原因である点だ。

むしろ気になるのは、代々木周辺の地区にデング熱を発症させている或いはデング熱に羅感した誰かがいた或いはいることとそのデング熱羅感者の血液を蚊がさし代々木周辺の地区に飛び交っているという点が問題なのだ。

実際、当初代々木公園の蚊を採集しても、デング熱ウイルス持つ蚊は現れず。昨日になってやっとデング熱に感染している蚊が件の代々木公園で見つかったのにもかかわらず報道が扱う「科学者」は代々木公園のデング熱といいはっている。

が問題はデング熱を代々木周辺の地区で蚊に感染させた誰かはどこにいるのか?
デング熱ウイルスは熱帯地方に特有でアフリカオーストラリアタヒチアジアでは台湾で報告があるのみ。

参照:デング熱Q&A厚生労働省
URL:
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/dengue_fever_qa.html

厚生労働省QA「問16 日本でデング熱に感染する可能性はありますか?

  • 答 日本に生息するヒトスジシマカもデングウイルスを媒介することができますので、流行地で感染した人が帰国し、蚊に吸血されることにより、その蚊が周囲の方にウイルスを伝播する可能性は低いながらもあり得ます。なお、血液中にウイルスが確認される期間は、発症日の前日から発症5日後までとされています。帰国者(患者)の周囲の方でデング熱を疑うような症状があれば、渡航歴の有無にかかわらず検査を行うことも、場合によっては必要です。」

感染源は蚊一般ではない。
感染源はデング熱ウイルス持つ血液をヒトスジシマカの多いところを歩き感染させて歩いているか?
たまたま代々木周辺の地区をおとずれた後海の公園へ行っただけなのか?
その人間は今どこにいるのか?
潜伏期間15日発症後一週間で治癒ということだがとすると22日間
すでにその人物の血液はデング熱ウイルス感染源ではないとは言えるが出回り先の蚊の駆除は重要ではないか?

そのデング熱に感染したまま日本の何処かを歩いて日本の何処かで蚊に感染させてる誰かは、誰なのか?

代々木周辺のデング熱の感染源は論理的にいって、デング熱に感染した人でかつあえて?デング熱に感染したその人物の血液をあえて日本の蚊に感染させてる人物が原因である。
厚生労働省はその人物を特定できたのか?
国は東京都は今回のデング熱の感染源の人物の特定と治療を終了したのか?

さらに、代々木周辺の地区で誰かが外来種大型小型爬虫類や水辺の生き物たちを駆除したということはないですよね。

折しも、今日のニュースではやはり日本じゅうにデング熱感染は広がっていること判明。
問題は「代々木公園のデング熱の型」という言い方の嘘だ。
「代々木公園のデング熱の型」ではない。あるのは、代々木周辺の地区に8月にいた(現在もいる?)デング熱感染者と同じ型のデング熱に代々木周辺の蚊が感染したことから始まっているということをきちんと報道は伝えるべきだ。

以下この件に関する私の最新のツィートと読売新聞記事リツィート:
ーーーーーーーーーーーーー
問題は代々木公園ではない。問題は代代々木周辺の蚊にデング熱を感染させた人物は一人か複数か特定できたのか?複数デング熱感染者が故意に日本じゅう歩き回り日本中の蚊をデング熱に感染させているとしたらどうなる?>「デング熱」 海の公園一部閉鎖 : http://t.co/pT3dcDHiid via @Yomiuri_Online

2014年9月2日火曜日

Unconstitutional Ukraine "government"against pro-Russian majority parliament democratically legitimate three election wins in 2012

no matter how they are wearing ordinal wears gears not like militias, they r NeoNazis maiden violence supremacy supported by heavily armed real Ukraine military air forces against legitimate democratic real majority pro-Russian constitutional parliament and government. Russia in Ukraine is because Ukraine constitutional gov under pro-Russian Parliament has multilateral military agreement with Russia whereas constitutional Ukraine government is at theoment attacked by Ukraine far right NeoNazis Ukraine "jihadist" Kiev "government".“


US must learn from Libya in considering its move responding to Ukraine and Syria: Italia European Nazis using NATO would take everything whereas US always lose and be fragged into hell everywhere. 

If US or any other West has alternatives under certain apparent threats from Nazis, US EU must stand still with Russia Syria Pro-Russian Parliament Pro-Russian side Ukraine military police otherwise FSA sided by Nazis NATO would attack every US embassy or west journalists anyway because Nazis FSA AlQaeda ISIS Muslimbrotherhoid Hamas NeoNazis Maiden etc are targeting not communism but every big country and minerals. What solos means to Nazis is just another anti-Commu fundamentalism brainwashing igniter to justify to demolish Russia, US, EU whereas solos Ted greens have been supporting "independent" "movement" to make all the people kill each other until the time when no one stands on their lands. But what solos don't know is that he has been intentionally exploited as demolished of the world in the disguise of liberalism actually anti-communism fundamentalism as a Jewish whom Nazis most hate - since Jewish is a grace of people who has stopped by very much convincing rationality for anyone "to circulate and trade good what u can do for yourself and/or others more by letting live all more that increase each prosperity more" which was/is effective harmonious way  of life, economy, for everyone only tackle and stop

Viking gang whose rule is "to kill to live" which, I mean what Viking gangs or greens Nazis, is/has been seeking to "achieve" Anarchism. 


No gain from compromise to anarchism in the disguise of anti-communism or "independence" urge for devastation of all as desperate as the 3rd century Viking gangs - has it nothing but cruelty. 


>

NYT 


http://mobile.nytimes.com/2014/08/31/world/europe/russia-pushing-ukraine-conflict-to-point-of-no-return-eu-leader-says.html?smprod=nytcore-iphone&smid=nytcore-iphone-share&_r=1&referrer=


2014年8月23日土曜日

Who are the people launching rockets in Gaza-Sunni gangs who are not originated from Gaza but hired by someone seek to block energy oil natural gas but nuclear power nuclear used fuel or hydrogen all easily used to build massacre bombs to reinvade the world not only to squeeze every valuable mineral sources but also to force everyone live in a world violence - nuclear/hydrogen power mines or ancient gang violence supremacy reigns..No more Greens No more Tea Party! AntiOil terror Greens anti human right viking gang supremacy walk with Tea Party anti socialism anti human rights

Who are the people launching rockets in Gaza-Sunni gangs who are not originated from Gaza but hired by someone seek to block energy oil natural gas but nuclear power nuclear used fuel or hydrogen all easily used to build massacre bombs to reinvade the world not only to squeeze every valuable mineral sources but also to force everyone live in a world violence - nuclear/hydrogen power mines or ancient gang violence supremacy reigns..No more Greens 
It is greens and tea party.
Gangs called Muslimbrotherhood Hamas FSA AlQaeda ISIS take hostage Gazaians to justify their killings. But many media have been manipulated to see Gaza as if an issue of race and religious faiths. Nevertheless, Intifada and violent attack by Muslimbrotherhood Hamas FSA ISIS all are anti human rights anti west anti big country anarchism tribe violence supremacy gang fundamentalism have been actually robbery and invasion against Israel that is simple criminal activities by Gangs mainly composed of Gangs of Sunnis in the name of Muslimbrotherhood ISIS FSA Hamas AlQaeda recruiting desperate Sunni immigrants all over Middle East and Gangs of Palestinians who have been killing Israelis or anyone including Christians,Palestinians, Beduins Shia Shiite Alawais and even ordinally Sunnis and also kill Sunni worships because Sunni gangs have been of course "fight against worships who preach Muslimbrotherhood AlQaeda FSA Hamas ISIS NOT TO KILL http://mobile.nytimes.com/2014/08/23/world/middleeast/gunmen-massacre-more-than-50-sunni-worshipers-in-central-iraq.html?emc=edit_tnt_20140822&nlid=59201087&tntemail0=y&_r=0&referrer= nd Israelis. 

And that is not because of Israel but energy mieral source invasion inciting gang violence supremacy. All because of someone or some Greens "NGOs" intending to substantially block refinement of oil or natural gas to force the world to use nuclear power or hydrogen power as mine to be surrendered into fascism or live without eldctricity to bring the world back to the era of ancient where only violemce reigns without law without concept and protection by rights of individual property life safety labour via governement and legal system, economy banking and currency system. The world has been apparent immediate danger because of someone or quasi "NGOs" who have intended to reinvade Israel or anywhere else by exploiting Palestinians lives via Muslimbrotherhood Hamas AlQaeda FSA ISIS mainly composed of Sunni gangs who are gangs not originated from Palestine but from somewhere around Qatar Kuwait SaudiArabia or from Africa such as Congo Sinalia Yemen, who have been hugely budgeted and contracted as gangs by a big quasiNGOs such as Nazis Greens or some other who have been invading mineral rich areas in Africa and Middle East and Israel as you see Congo massacre leader lived in Germany Austria and Paris very gorgeous huge full floor flats while Hamas leader has been living in Qatar gorgeous huge apartment having special sport gym for him. 
Someone Greens who want to seethe world without oil which has made Middle East rich enough to govern nation as place of fundamental human rights fulfilled, who have been inciting Arab people to kill each other by brainwashing them as if everyone can live in palace if they clashes all the governance banks currency police economy or military exactly as Greens did in Africa where almost all minerals rights have been robbed by Greens and Tea Party via inciting civil riots brutal killing masscre and raping lynches went on until the time each tribe just give in and wave its right of mineral use or their will to claim their tribe property rights on their land mineral sources. The situation was started from robbery against former Yugoslavia seeking to rob Uranium whereas such green sneezers along with anti communism have build a relm of anti west anti communism anti so dualism anti welfare violence supremacy gang resurgence as main stream as "NGOs" which have lynched devastated demolished squeezed African people and African nations which had won independence from all suppressors. 
Their Independence had been materialized with supports from many people with good intentions based on human right conscience in Russia China UK France US along with Spain Italy etc.
And recent 2-3 decades people from all over the world with evil intentions have started squeezing them again in the name of "green revolution" which manipulate anyone to kill any living creatures including woods or crops in fraudulent anti-Russia anti-west anti-economy anti-individual property rights anti-labour rights anti-labour rights and anti-currency which are all designed to justify not to pay or to rob individual property or manipulate ppl to dump own agri ranch property rights by themselves in the name of "Greens revolution" or "food sovereignty" attacking any allocation benefits or public guarantee or welfare socialism but manipulation urging ppl to rend huge money to buy unnecessary agri ranch equipment first then at the end of the day agri ranch farmers voluntarily or inevitably damp their land and rights due to such huge rending or due to violence gang "NGOs" self claiming as if "righteous for the agri people" demolishing value of the land or devastating peace ordinal normal state.
Apparently such invasion seeking mineral sources along with anti-communism anti-capitalism anti-bank anti-currency anti-individual rights anti-modernization aiming at the world only violence gang reigns. Such quasi "movement" massacre has been going on and penentrating into the Middle East or America Europe, not only East Europe, seeking to extend towards Asia Australia or Russia everywhere no matter which economy system a nation or person would take. Point is, for such squeezers, not oil not natural gas but completion of fascism in Viking gang violence supremacy not only for mineral water woods etc etc but for "pure" killing to rebuild? retake the world to make it a place only for pure white Viking gang, I assume. It does not seem, on the surface, racism but what Greens and Tea Party hate to see is/was prosperity of Africans via minerals and Arabs islael is Jewish ppl prosperous in IT tech advance as well as natural gas whereas Greens and Tea Party hate to see any whites such as Anglosaxon or Latin or North Europeans or Asians Aseanians in prosperous because of high technology in every field in prosperous because high technology make this world global and non discriminative equal place where Viking gang violence or material source from minerals woods can not find its place to survive. This world is about to reach to the era where no mineral squeezing is needed any more. 
Someone or "NGOs" who have been trying to reign this world in paranoia to squeeze all Minerals all sources of materials for anti communism whereas someone who have been seeking resurgence of the world of Viking gang violence supremacy without law system withou concepts if individual human rights to protect individual property life freedom body safety rights to live in peace have started "NGO" invitation designed to let kill everyone each other until the time when every life is gone away from the earth but the earth itsel. The latter is, has been, organized by Greens established in 1973 in Tasmania Australia originated from Illuminati "natural deed" brainwashing justifying killing slavery Hannibal as "natural deeds" despite the fact that such deeds are not natural for any life or any human beings but gangs. The simple reason why Greens forces every nation every region to damp thermal electric generation and switch to nuclear power or hydrogen power is because nuclear peer or hydrogen power are easily broken to massacre to the extent that every mini nuclear power or hydrogen power station substantially functions as a sure mortal mines to force or cause people to be forced or manipulated to voluntarily kill each other. It is Greens who have been killing anyone in Gaza Israel or Syria Iraq Lebanon Ukraine Libya Ferguson Congo Somali Mali Yemen Egypt everywhere...no more greens no more tea party racial elimination and class elimination in the name
of fraudulent vise versa campaign "protection of diversity" along with anti socialism quasi "fair movement" targeting economy social policy by manipulating middle upper self employed with less social guarantee from companies or public sectors despite the fact that such self employed or middle class salaryman have been always centre of tax benefits. So where national budget goes? Of course strange spending for strange Greens NGOs' "anti carbon dioxide campain' or subsidy for women who cannot, selfclaed included, have babies for their "non social security covering" means no scientific proof was made to such "medical treaents" takes 2.5 billion yen per one fiscal year aiming at huge increase in the scale of budget and the range of applicants to broaden to anyone who earns for example whose annual income (fiscal year base) 100millon yen.
Such quasi so called "fair" policy is not only actually unfair but also damaging economy by hampering budget effective use to lead a nation's economy circulation devastative. The reason is that the more the number of people who can participate into ordinal consumption decreases the more tax revenue and private company revenue decreae to the extent which definitely reduces consumers then revenue payment job and tax revenue then tax hike and vicious circle starts. 
Ppl don't need Greens Viking gangs ISIS FSA AlQaeda Muslimbrotherhood Hamas Bosco Haram Nuclear power Hydrogen power stations Guns Rifles Shot guns Big knives Ppl don't need Canabis Cocaine Heroin MAMD etc whereas ppl don't need Tea Party 
No more gangs no more Viking gangs inciting riots tribe race religious gender supremacy or money seekers towards violence killings 


2014年7月8日火曜日

Ukraine "govt" is not legitimate government but substantial power of exercising or justifying "military" or violence supremacy Neonazis massacre after its violent brutal killing of citizens to rob the nation and the parliament via armed riot anti-Russia Ukraine nationalism far right gangs in seeking Ukraine government national rights of natural gas oil tungsten -all about money&rights of natural energy resources again

I wonder.. Every media, almost, definitely misdeed vital point which is 2012 democratic results for parliament/EU participation/presidency where parties of Ukraine nationalist anti-Russia whites "Kiev" ongoing "gov" Neonazis Mauden were lost whereas all Ukrainians have had voting rights equally and elections were equally legitimately proceeded as all the world had known well. Ukrainians were living in peace before such armed greens "revolution" anti-commu anti-Russia anti-Big country "protesters" of neonazis or nazis led "NGOs". 
Then I would augue that 
before cease-fire, Pro-Russians have had their legitimacy based on legitimate general election/president election/EU participation ballots in which "gov" robbed the parliament was lost by 60% under legitimate election procedures. The world must urge Ukraine "riot" "government" who were democratically losers against Ukraine constitution and against democratic results. Before cease-fire, Ukraine government must launch fair legitimate process general election to decide what is the real parliament representing Ukraine. 
UN should send election observer to check whether or not "new"Ukraine government can launch legitimate fora election as Yanuckvich had done. And the ongoing riot-made "government" must accept the general election results. 
Ukraine military also needs to obey general election results. 
Ukraine new, not ongoing riot-made "goverent", parliament is to be in the position of deciding who is to represent parliament of Ukraine. 
New, not ongoing riot-made "government", goverent and parliament must respect anti-EU pro-Russian pro-EU Ukrainians as well as strictly enforce parliament power on president elected by illegitimate unfair circumstances of election process into where not had all Ukranians participated due to unfair illegitimate irrational circumstances where riots brutal killings prevailing in Kiev, the parliament located at, to rob Ukraine as a nation by riot invasion agaist Parliament legitimate in democracy 2012 elections.

If no new general election can not be arranged to resume or regain legitimacy of Ukraine democracy and parliament, before cease-fire, or any of such opinions cannot be reflected immediately, or even after such elections, apparently, at the end of the day, situation in Ukraine would be worsened more and more not only for pro-Russians but also pro-EU "green "revolution" anti-Russia dreamers" because in the first place, 1:Ukraine has had no exceed budget but relying on Russian subsidiary, 2:Many of EU member nations are having budget currency problems, which has been heavy burden on even Italy Spain or some other sort of big nations with big compelling competirltive industries for decades that are rather equivalent with Russia, not Ukraine.
So Ukraine people, not only pro-Russian people or activists, will find out soon after Ukraine "gov" keen to occupy oil money and rights of Ukraine government have started taking control of Ukraine oil money with greens and tea party, Ukrainians are anyway to start worsened struggle not with ideology of pro-Russians but with life in misery in budget cuts under EU control of "your" Ukraine after Ukranians are realized the facts of EU traps to squeez oil natural gas rights from and one through Ukraine NeoNazis "gov" and after IMF bate "loan money" are gone into "gov" and greens tea party maiden "NGO" subsidiary.
Ukraine "gov" is not only legitimate but also functional for the people - all the Ukranians including pro-Russian people police and activists no matter which race or religion s/he belongs to.
(Continued...(If you were under such circumstances?!).)....I assume that you would fight aginst New Yorkers of such who set new city mayoral election date to choose anyone who would rob oil money through "new" government while major democratic winner voters, many of who are pro-Russians, are fled to Israel, Crimea or Russia. 
What would you think?  
I must say that at the end of the day it is not only pro-Russia Ukranians but pro-EU "dreamers" who would think of suing someone in the ongoing government who have incited "protesters" to kill and rob the Ukraine Parliament with certain level of huge money to hire private anti-Russia neoNazis solders brutally killed Kiev Oddesa civilians and police or military along with NeoNazis Maiden gangs supported from someone extremely rich foreigner of anti-commu anti-Russia actually seeking to "occupy" and rob all the valuable oil natural gas rights from anti-nazis very rich Jewish Ukranians whom actually all Ukranians should have been supporting.
I also would like to mention about human roghts of pro-Russian protesters or even gangs which are to be equally judged under open court with lawyers, not to be executed by side of roads, whom all are to be freed and alive in peace only if no one powerful who seek to rob the nation Ukraine, Syria or Iraq, had not invaded Ukraine by sending huge heavy arms and billions of money to urge people to kill each other "as "natural deeds" under the brainwashing of "green revolution or killing violence supremacy" until when each land is to be empty but dead bodies.... It is not because of Pro-Rusdians but also not because if pro-EU day dreamers but brainwashing "anti-communism anti-Russia or anti-US or anti-Big countries actually simple violence supremacy gang of anti-law&order greens revolution" urging everyone to kill any lives (urging and justifying killings of lions or rhinos in saying such as;if you killed more lions then more lions can live more, which is utterly wrong or simply lie! Greens "revolution" in Japan has been trying to  justify killings of birds and eat as "natural deeds" !!!??? Or killings of bears no matter how bears are very small child and safe on the top of trees ...greens brainwashing intends to push everyone to kill each other no matter how "reason" cannot be convincing at the end of the day. oh no more greens tea party nazis brainwashing!)




2014年5月11日日曜日

国際連合憲章2条4項の「武力による威嚇または武力の行使」にあたる「自衛 」 或いは国連憲章51条の正当防衛にあたらない「防衛行為」は国際連合憲章違反に あたる蓋然性があり日 本への連合国攻撃正当化要件だ。

国際連合憲章2条4項の「武力による威嚇または武力の行使」にあたる「自衛 」或いは国連憲章51条の正当防衛にあたらない「防衛行為」は国際連合憲章違反にあたる蓋然性があり日 本への連合国攻撃正当化要件だ。


国際連合憲章2条4項は「すべての加盟国は、その国際関係において、武力による威嚇又は武力の行使を、いかなる国の領土保全又は政治的独立に対するものも、また、国際連合の目的と両立しない他のいかなる方法によるものも慎まなければならない」

とし憲法9条のみによらず「すべての加盟国は」「その国際関係において」「武力による威嚇又は武力の行使を「いかなる国の領土保全又は政治的独立に対するものも、また、国際連合の目的と両立しない他のいかなる方法によるものも慎まなければならない」とある。

この規定は国際連合の安全保障委員会の安全保障行動の発動根拠となる。

そこで、自衛権の行為が憲法に照らしてだけでなく、国際連合憲章に照らし2条4項違反しない範囲であるかが重要になる。

更に国際連合憲章51条は正当防衛の要件満たした場合にのみ2条4項の例外を規定する。この国際連合憲章51条は英語やフランス語で読むならば

Collective SelfDefence, Droit de Légitime Defence Collective とあり明らかに正当防衛要件を満たした場合のみに限られしかも安全保障理事会の決定による国連平和監視団や国連平和維持活動いわゆるPKOの活動が決定されている場合に国連平和活動が間に合わなかった場合の止むに止まれぬ緊急事態で平和への脅威と認定される場合にかつそれぞれの個別の警察行為が正当防衛要件急迫不正の侵害に対する止むに止まれぬ手段正当性相当性範囲内行為である場合にそのような正当防衛要件満たした行為が集団的集合的に行われても国連憲章違反にあたらないとする条文だ。


集団的個別的は多国間協力正当防衛のことではない:

日本語訳で集団的自衛権と間違って訳されている部分の誤解が多く発生しているがこの「個別集団的」は一国内における個別正当防衛行為および一国内の集団的集合的正当防衛行為も正当防衛の要件を満たしている場合には国際連合憲章2条4項にあたらないとするに過ぎない。つまり、一国の軍隊警察の個別の軍事行為が正当防衛要件を満たしている場合も一国の軍艦航空機戦闘機それぞれが個々に正当防衛の要件満たしていて意思の疎通を持って集団的に或いは主体的主観的な意思の疎通を持たずに実態事実として個々に正当防衛要件満たしている攻撃の集合的形式になった場合でも2条4項にあたらないとする。

この為51条は「加盟国がとった措置は」と述べるに過ぎずこの文言も51条は一国の軍事機関警察機関が個々に正当防衛行った場合でも意思の疎通を持って或いは持たずに個々に正当防衛を集団的にあるいは集合的に行った場合の除外規定であると解されるのが普通だ。もしも複数国家間共同正当防衛要件の話ならばかならず「加盟国各国は」「複数の加盟国が」となるのが法文の普通だ。


つまり、外国の警察軍事行為との共同正当防衛を直接認めた条項ではない。


地理的範囲:

51条文言が「加盟国がとった措置は」とあり、「加盟国が国外においてとった措置」でないことからもこの条文は自国領土領空領海内での正当防衛要件満たしている軍事警察行為に関する除外規定である。

この点この51条が「第7章 平和に対する脅威、平和の破壊及び侵略行為に関する行動」の章にある為あたかも海外における国連平和維持活動の一環としての共同軍事行為に関する許容規定のようにみる者も多いのかもしれない。

が、国連安全保障理事会の決定による国連加盟国或いは非加盟国に対する国連平和活動における共同軍事行為については以下の通り49条が定めるところであり、51条とは無関係である。

寧ろ、51条がこの章の最後に置かれている通り、また51条が「この憲章のいかなる規定も、国際連合加盟国に対して武力攻撃が発生した場合には、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの間における例外的な状態を想定した上、加盟国一国の各軍事行為個々の正当防衛も集団的或いは集合的正当防衛も正当防衛要件満たし、かつ直ちに安全保障理事会に報告された場合安全保障理事会が正当防衛要件満たしていると認めた場合においてのみ許容されるとするに過ぎない。「(51条)この自衛権の行使に当って加盟国がとった措置は、直ちに安全保障理事会に報告しなければならない」


国連憲章7章が定める平和維持活動における相互援助義務条項国連憲章第49条は以下の通り:

49条

国際連合加盟国は、安全保障理事会が決定した措置を履行するに当って、共同して相互援助を与えなければならない。」

最近の事例にはイスラエル領海内の船上検問におけるトルコ船籍のトルコ民間人への銃撃の正当防衛性が争われたものがある。イスラエル領海内船上検問ですら世界のイスラエル製品不買運動にまで発展した大変難しい事例であった。状況としては明らかに急迫不正の侵害に対する必要最小限の手段程度の相当性範囲内であったにもかかわらずガザパレスチナ紛争パレスチナ支援側民間船との間の正当防衛であった為、国連安全保障理事会の正当防衛要件判断は大きく揺れ時間をようしたが結果正当防衛要件満たしていると判断された。

ことほど左様に51条が定める正当防衛要件満たしている軍事防衛自衛行為は自衛行為と日本側が認識すれば良いというものでは全くない上更に絶対要件として当然に自国領土領空領海内を厳密に指すと国際法上常識として現在も理解され通用しているしそう解することは、国連憲章第2条4項や51条が「安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの間」になされた武力行使の正当防衛要件についての条文つまり国連平和維持活動以外の状況を指す条文であるところ、国連憲章との整合性からも、当然である。


国連平和維持活動における正当防衛:

国連憲章7章51条以外の文言から、国連平和維持活動における通常の正当防衛要件満たしている軍事行為は広範囲に認められると解する。

国連憲章7章の国連平和維持活動における軍事多国間協力における相互援助の義務からも無限の相互協力形態における共同軍事行為がなされることを許容予定しているのが国連憲章だ。49条

国際連合加盟国は、安全保障理事会が決定した措置を履行するに当って、共同して相互援助を与えなければならない。」

この点国連安全保障理事会の決定による措置行う場合にも日本国憲法と整合性持って行える「相互援助」を行うのみであるはずだ。


領海内領空領土内の軍事同盟外国軍や外国市民保護許容の根拠条文:

先も述べたとおり、この51条は当然に国内領海内領空領土内における自衛としての正当防衛要件満たしている場合の除外規定である。国連安全保障理事会の決定による措置行う場合以外の国内の同盟関係にある他国の警察や軍隊への攻撃への反撃はどうなるか?

まず、日本国内の外国軍外国市民が個々に一般刑法の正当防衛要件満たしている限りにおいて武力行使が違法性要件欠き犯罪不成立となる。

では、日本領土領空領海内の同盟関係にある他国の警察や軍隊自身の軍事警察行為は正当防衛要件満たしている場合の、日本在住外国市民および日本国民の違法活動による外国軍外国市民への武力行使による攻撃への日本警察軍隊による反撃は刑法上警察軍隊の正当行為と認められる。とするならば、以前も書いたが、日本国内の他国の警察や外国軍隊への他国或いは自国民からの武装攻撃への正当防衛として日本の軍隊警察はその武力行使の正当防衛要件満たす必要最小限の正当防衛行為である限りにおいて51条の正当防衛要件満たしている限りにおける被許容行為と言えるだろう。その場合、日本が本来持つ日本領土領空領海内での日本の平和への脅威となる行為への一般的正当防衛行為の一環として51条で認めるのだろう。「安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの間」における正当防衛要件満たしている軍事行為に限って、である。

ここに集合的正当防衛の意味が出てくる。つまり、日本国内領土領空領海内の外国軍や外国人警察官へ日本人或いは外国人が武力行使を行った場合、当該外国軍外国警察官外国市民には国連憲章にかかわらず日本の刑法上の正当防衛の権利が認められる。急迫不正の侵害に対する防衛に必要最小限な手段相当性の範囲など正当防衛要件満たしている限りにおいて自衛行為が認められる。そのような場合に、外国軍外国市民への攻撃が日本の領海内領空領土内で日本人或いは外国人により行われた場合、日本の軍隊や警察が外国人外国警察官外国軍隊を守るための武力行使はどのように根拠付られるか?国連憲章51条を準用運用し自己の為の正当防衛要件満たしているのと同視できるような急迫不正の侵害に対する必要最小限の手段方法の相当性の範囲内でしかも外国市民外国警察官外国軍隊の存在態様行為或いは攻撃者への外国軍隊外国警察官の正当防衛要件満たしている限りにおいて、国連憲章51条の準用で、日本の軍隊や警察が直接攻撃されていない場合にも、国連憲章2条4項に違反しない場合があると考えられる。

この場合国連憲章51条が定める要件すなわち、安全保障理事会が必要な措置をとるまでの間、正当防衛要件、事後直近の安全保障理事会への報告の要件を日本が満たす必要がある。

ーーーーーー

以下国連憲章

参照条文


「「第7章 平和に対する脅威、平和の破壊及び侵略行為に関する行動 」

第51条 この憲章のいかなる規定も、国際連合加盟国に対して武力攻撃が発生した場合には、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの間、個別的又は集団的自衛の固有の権利を害するものではないこの自衛権の行使に当って加盟国がとった措置は、直ちに安全保障理事会に報告しなければならない (イタリック等筆者私冨田麻里による強調)また、この措置は、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持または回復のために必要と認める行動をいつでもとるこの憲章に基く権能及び責任に対しては、いかなる影響も及ぼすものではない。」


「国際連合憲章 国際連合憲章広報センター URL : http://www.unic.or.jp/info/un/charter/text_japanese/

第2条

この機構及びその加盟国は、第1条に掲げる目的を達成するに当っては、次の原則に従って行動しなければならない。

  1. この機構は、そのすべての加盟国の主権平等の原則に基礎をおいている。
  2. すべての加盟国は、加盟国の地位から生ずる権利及び利益を加盟国のすべてに保障するために、この憲章に従って負っている義務を誠実に履行しなければならない。
  3. すべての加盟国は、その国際紛争を平和的手段によって国際の平和及び安全並びに正義を危うくしないように解決しなければならない。
  4. すべての加盟国は、その国際関係において、武力による威嚇又は武力の行使を、いかなる国の領土保全又は政治的独立に対するものも、また、国際連合の目的と両立しない他のいかなる方法によるものも慎まなければならない。」更に国際連合憲章51条は平和に対する脅威の章で平和に対する脅威に対する国際連合憲章の正当防衛とみられる対応措置と平和に対する脅威に対する正当防衛行為と認められる場合には2条4項の例外を認めるとする51条を置く。第7章 平和に対する脅威、平和の破壊及び侵略行為に関する行動 第51条 この憲章のいかなる規定も、国際連合加盟国に対して武力攻撃が発生した場合には、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの間、個別的又は集団的自衛の固有の権利を害するものではない。この自衛権の行使に当って加盟国がとった措置は、直ちに安全保障理事会に報告しなければならない。また、この措置は、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持または回復のために必要と認める行動をいつでもとるこの憲章に基く権能及び責任に対しては、いかなる影響も及ぼすものではない。」


2014年4月20日日曜日

国際法上国際社会からも本来原則的に違法な海外共同軍事侵攻の可否ー集団的 「 自衛権」詐欺

(以下は私のエキサイトブログdiary with biscuit 2014/04/20 日曜日 掲載と同時掲載です)

厳密には、国際法上国際社会からも本来原則的に違法な海外共同軍事侵攻を「日本の国民の生命身体財産を守る必要な範囲において」認めて良いかという議論 


集団的「自衛権」の議論は自衛権の議論ではないのになぜか自衛権の議論として論じられている問題:


<b>自衛権の定義

自衛権とは自国の領空領土領海内において急迫不正の侵害があった際に軍事行為でなければ自国民及び市民の生命身体財産を守ることができないやむに止むを得ない場合において、手段と程度の相当性を欠かない範囲に置いて国際社会からまた国際法上認められる限定的例外的な自衛行為</b>を言う

(私、冨田麻里自説。通説)。


従って、長い間、日本のマスコミも政治家も集団的自衛権の意義を間違って(故意に?)使っていることがまず問題だ。


集団的自衛権と一般に議論されている中身は実態としては、日本の領海領土領空外つまり一般にいう国外つまり公海及び海外における、他国の武装勢力との共同軍事行為の容認の可否を「日本の国益日本の国民の生命身体財産を守るに必要な範囲における」という正当化理由で認められるかという議論

<b>であり、端的に言って国外におけるこのような共同軍事行為は国際法上認められていないし国連の安全保障理事会で非難決議が採択され結果日本への国連平和維持活動軍侵攻駐留やNATO軍事侵攻が正当化される最もよくあるケースの一つである。</b>


にもかかわらず、国外つまり他国への軍事進行で軍需産業を振興させることで政治資金や個人資産を増やそうという政治家にどうしても魅力的に映る為どこまでも恰も自衛権の範囲の話であるかのような詐欺で議論に上がってきているのが集団的自衛権と言うなの海外軍事侵攻の可否の問題だ。

厳密には、海外共同軍事侵攻を「日本の国民の生命身体財産を守る必要な範囲において」認めて良いかという議論に過ぎず、マスコミは、日本国民の生命身体財産を守る必要な範囲における国際法上認められていない海外共同軍事侵攻を認めて憲法改悪であるいは憲法解釈で認めて良いかの可否と書くべきなのだ。


自民党有力説は目先憲法変えないからいいでしょの開き直り:

自民党はひたすら「わが国国民の生命身体財産守るために」といいつつ「集団的自衛権の範囲は地理的範囲を限らない」といい、「自衛権」にかこつけた全く自衛権と無関係な事実上「わが国の国民の生命身体財産守る必要な範囲における軍事行為」を自衛権としなおかつ他国の軍事組織との共同軍事侵攻今日軍事行為を内容とする集団的自衛権を自衛権とした上憲法9条及び前文や憲法全体に反する明らかに抵触するにもかかわらず憲法解釈で認められるとしている。


民主党生活未来緑維新結いみんな幸福実現民主党政権のままだったら?ー憲法変えてはっきり国際法上認められていない海外共同軍事侵攻どんどんしましょうよ軍需産業を振興政治資金増だし反米反共アジア民族原理核テロでアナーキズムでも米国大国主義にナチスと一泡吹かせましょうーのナチス盲従バカ民主党生活未来維新みんな結いと自民党集団的自衛権海外共同軍事侵攻推進派の違い:

日本国民の生命身体財産保護に必要な範囲でしかも「地理的範囲は国内領土内に限られない(自民党首脳部見解)」ということから自民党の集団的自衛権の自衛権の範囲は本来自衛権の範囲を最初から逸脱しているだけでなく、より積極的軍事外交の実現を結党目的に作られた政党民主党政党創立者鳩山由紀夫氏の憲法試案や生活の党党首小沢一郎氏憲法試案にある(未来維新結いみんな緑同様)自衛権の範囲は邦人の生命身体財産保護に必要な範囲を当然に国際平和活動に必要な範囲で領土内外世界全土であり、違いは微妙になってきている。

表面的に憲法文言を今のところかえるかかえないかの違いにすぎない点に気をつけるべきだ(それでも変えない自民党の方がまだマシではあるということも付け加えておきたい)。<a href="http://t.co/CMeCPe7bf9" target="_blank">例えば小沢一郎憲法試案は9条堅持を売りにするが実際小沢一郎氏憲法試案の9条は文言は同じでも邦人の生命身体財産保護に必要な範囲の共同軍事行動は当然に最初から自衛権に含まれる。「<i>日本国民は、平和に対する脅威、破壊及び侵略行為から、国際の平和と安全の維持、回復のため国際社会の平和活動に率先して参加し、兵力の提供をふくむあらゆる手段を通じ、世界平和のため積極的に貢献しなければならない</i>(#小沢試案)」

http://t.co/CMeCPe7bf9</a>とするし、

鳩山憲法試案は「<i><a href="。http://www.hatoyama.gr.jp/tentative_plan/1-5.html" target="_blank">独立した一つの章として「安全保障」を設け、自衛軍の保持を明記することとした。現行憲法のもっとも欺瞞的な部分を削除し、誰が読んでも同じ理解ができるものにすることが重要なのだ。この章がある以上、日本が国家の自然権としての個別的、集団的自衛権を保有していることについて議論の余地はなくなる。前章の国際協調の条文により、自衛軍の活動が制限されることも明らかだ。http://www.hatoyama.gr.jp/tentative_plan/1-5.html」</a></i>

民主党生活未来維新結いみんな緑は集団的自衛権海外共同軍事侵攻は憲法解釈では認められないとしつつ、自衛権自衛軍国際協調の章でおおっぴらに国際社会や国連の要請を要件に無制限の軍事行動を含むあらゆる行為を行うことを憲法に規定する。

これは恰も自民党の手放しの「国民の生命身体財産保護に必要な範囲の軍事行動地理的範囲は国内領土内に限られない」よりも一見すると必要な範囲での国連の要請を要件にしている面で狭められているようにも思える。

が、民主党生活未来維新結いみんな緑の自衛権の範囲は当然に国民の生命身体財産保護に必要な範囲の自衛としての軍事行動を地理的範囲限らず共同軍事行為集団的自衛権として認めその上さらに、国際貢献国際協調軍事行動を国民の生命身体財産保護に必要な範囲であるかないかにかかわらず無限に国際平和維持活動に必要な範囲で認めて行く、つまり民主党生活未来維新結いみんな緑の自衛権は自民党とほぼ同じだがさらに憲法改悪で国際貢献軍事共同進行を無限に認めるものだ。


ここに公明党の苦労がある。


が、自民党案も実態運営上、自衛権の「国民の生命身体財産保護に必要な範囲」が「地理的範囲を領土内に限られない」点で広げられる為、実際世界中に日本国民のいない地域はない事実からあまり変わりはない。


憲法解釈であれ憲法改悪であれ海外へ自衛隊自衛軍を出動させる理由を与えることに変わりない。憲法解釈かどうかは問題の本質的所在からずれている。民主党生活未来維新結いみんな緑は海外自衛軍活動を無限に認める為のレトリックに「解釈憲法反対立憲デモクラシー」を使って民主党生活未来維新結いみんな緑がおおっぴらに軍隊として自衛隊を軍事出動させ共同軍事侵攻させることを目的に作られた政党であることを隠そうとして得るからだ。


<b>が騙されてはならない。民主党生活未来維新結いみんな緑の言うように「憲法変えれば」自衛権が縮まるかといえば、民主党生活の憲法試案に明らかなように国民の生命身体財産保護に必要な範囲と別の国際貢献軍事行動へ広げるのが民主党生活未来維新結いみんな緑の立憲デモクラシー憲法改悪運動の目的だからだ。</b>


民主党生活未来維新結いみんな緑の集団的自衛権は当然にさらに憲法改悪で国際貢献軍事共同侵攻無限に認めるとどうなるか?:

確かに自民党案が国民の生命身体財産保護に必要な範囲で地理的範囲は無関係に自衛隊の外国軍との共同軍事活動を認めるものである点日本人さえいれば中国北朝鮮ロシアインドパキスタンアフガンインドネシアマレーシア韓国台湾などの反米アジア民族原理反大国主義暴力テロ集団と共に米国やオーストラリアへ共同軍事侵攻を行うことも可能にする極めて危険な憲法解釈変更である。がしかしにもかかわらず民主党生活未来維新みんな結いなどが改憲による軍事活動のための軍隊自衛軍が国民の生命身体財産保護に必要な範囲で地理的範囲は無関係に軍隊自衛軍が他国の軍隊と共同で軍事侵攻できる集団的自衛権を当然に憲法の文言としておおっぴらに認めるのみでなく、さらに、日本国民の生命身体財産保護に全く無関係に国際貢献に必要な範囲で無限の軍事金銭含めたあらゆる軍事共同国際貢献を積極的に認めて行く。これはアベ積極外交どころの騒ぎではない。日本が一人でNATOをあらゆる手段で行うと言うのが小沢一郎氏憲法試案であり鳩山由紀夫憲法試案である。その為に必要なあらゆる軍事行動貢献には懲役兵再処理ウラン濃縮アジア民族原理核テロ核開発の元の無制限の国際協調に基づく海外共同軍事侵攻核拡散もあり得る。さらに民主党生活未来維新みんな結いの反大国主義反米反共テロ再処理ウラン濃縮アジア民族原理核拡散の危険も増大する。民主党生活未来維新結いみんな緑の立憲デモクラシー解釈憲法反対のレトリックに騙されている場合ではない。


もしもあのまま民主党政権で「憲法改悪でおおっぴらに世界のナチスバイキングギャングによる資源地上げに迎合」していたら?このままもしも自民党が言ってるだけでなく、本当に国会で自衛権詐欺集団的「自衛権」と言うなの地理的範囲に限界のない海外共同軍事侵攻容認を国民の「生命身体財産守るに必要な範囲において」認めるならば?:

<b>戦前中国大陸の日本企業の邦人身辺保護つまり「国民の生命身体財産守るに必要な範囲における」自衛権行使として中国へ旧日本軍を侵攻させ結果日本領土領空領海内ではない軍事行為であるとして国際連盟から非難決議を採択され結果国際連盟から脱退し勝つ見込みの全くない泥沼な世界中を相手にした惨めな戦争へのめり込んだ。

この点無知な反共原理は言うかもしれない「日本にはドイツイタリアが英国がついていた」と。ざーんねんでした。

ドイツイタリア仏にはすでにバイキングギャングが南下していた。他方「汝殺して奪えよ」バイキングギャングと正反対の「汝殺して奪う嘘で奪うギャング以外は生かして共に栄えよさればさらに全ての民の繁栄は増え広がる」賢明な欧州人ドイツ人イタリア人フランス人はバイキングギャングに攻め込まれつつも反バイキングギャング下克上のジューイッシュと支えあい多くの反暴力反差別反略奪の反バイキングギャングのキリスト教勢力ジューイッシュ勢力共産党勢力が多くのレジスタンス活動と共産党活動で命がけでバイキングギャングドイツ名ナチス勢力と戦い続けた。他方英国はエリザベス女王が反バイキングギャング反ナチスで「ロンドンに爆撃できるものならしてみよ。私は逃げない」とヒットラーに啖呵を切ったことで有名なほど英国連邦あげ一気に反ナチス反バイキングギャング暴力下克上原理にたいし米国ロシアポーランド東欧北欧各国と死闘を繰り広げた。オランダ北欧なども米国ロシアとともにドイツイタリア仏オランダベルギーノルウェーデンマークスェーデン各欧州諸国でも資産家や庶民の支援でレジスタンス活動共産党活動支援反略奪反バイキングギャング活動支援が行われた。バイキングギャング組織台湾日本中国共産党中国大陸侵略勢力への制圧として中国共産党へも欧州人の反バイキングギャング反ナチスから多くの資金武器援助が行われた。ドイツの反ナチス反バイキングギャングの政治家金融資産家英米の金融資産家政治家が大量に資金提供していたにもかかわらず日本だけ反共による中国侵略に引っかかったのは集団的「自衛権」と称する「邦人の生命身体財産保護に必要な範囲の軍事行動」を認める政権を作った原因は日本人の多くが選挙で投票したからだったことを忘れてはならない。

敵は共産主義でも中国北朝鮮韓国台湾でも英米欧州北欧東欧中東でもなく、敵は暴力至上原理各国のナチスバイキングギャングヤクザギャング暴力詐欺下克上原理悪魔教イルミナティや悪魔教の内部自滅正当化洗脳原理全体主義と殺人強盗の正当化毛原理であることを理解しない理解できない日本の新保守系政治家があまりに多く選挙で民主党維新みんな生活未来緑を選びすぎだからだ。この状況は右左の国際化に乗り遅れた民間企業人労働者中心に取り込まれて行く反米反共反人権の儲け至上ヤクザ下克上勝手連オウムなどの身体実践主義という勝手連殺人強盗いじめデマ流しハラスメント嘘洗脳実行力奨励で外国語や職務技能試験資格の代わりに評価する制度の広がりと時期を逸にする。

「反欧米反人権反自民反公明反共産党」でナチスバイキングギャング迎合ヤクザ下克上推進の為の増税とアジア日本人全ゴロし(クリージング)のための故意の格差拡大と社会保障破壊廃止維新民主党みんな生活未来結い幸福実現の勝ちすぎな現在の日本の政治状況はかつてのオフサイドトラップ戦争前の政治状況に酷似してきている。かなり懸念される。しかも欧州ナチスバイキングギャングは日本について「本来豚以下の日本の「生物」が喋ったり計算したり識字率が高かったりするそれは米国情報の操作もあるが米国が原爆を落とした償いに日本の「生物」全てに人間並みの能力を与えたからだ」

ナチスバイキングギャングは同様に「アインシュタインは全部「我々」の能力を盗んでいた。優秀と言われるジューイッシュはすべて人間以下の生き物なのに米国が情報の操作でジューイッシュが優秀と嘘をついているなぜならジューイッシュが「我々」が我々から奪った能力で稼いだかねで米国を買い取ったからだ」

要するに逆さまばなしだ。もちろん北欧人グリーンランドからアイスランド北極まで殺して奪いまくった嘘デマ洗脳逆さま洗脳詐欺略奪殺人脅迫以外脳のないバイキングギャングナチスにとって「アジアに人はいなかった」ということに最後はなる。こんなナチスバイキングギャングに迎合して何になる。

日本アジアから知的財産権奪った後皆殺しがナチスバイキングギャングなのに反共反人権反米に狂う日本人の多くの論理力の弱さ。


軍属 とは 戦前政府内務省陸軍軍事納入入札利権威迫反中国在日台湾系ヤクザ中心の政府軍需産業振興圧力組織:

一部青年将校を対中国侵略開戦へ洗脳し開戦に反対だった多くの政治家軍人たちを暗殺させ結果的に日本の政治家を軍属そのものにしていった。軍属とは中国侵略推進中国侵略開戦を台湾バイキングギャングヤクザだけでなく日本国家そのものを使って欧米から信頼ある日本を英米でも国際連盟でも嫌われるよう「邦人の生命身体財産保護ー集団的自衛権行使」と称する中国侵略に追い込み破滅的見込みも正当性も無い侵略行為に落とし世界中から日本を心底憎ませ世界欧米から愛される優秀な日本を世界が正当に非難できる理由を与え日本と仲の良かった英米露仏軍を使って核兵器まで日本に使わせ廃墟にしつつ中国への妬み日本への妬み体現の台湾ヤクザバイキングギャング下克上のための中国侵略行わせようとした圧力組織。具体的には日本の近代化と大型観戦などの軍事力増強に目をつけ大正昭和にかけ日本に多数渡った反共反米反朝鮮人の台湾ギャングヤクザ中心による反労働権反欧米反共産党反人権の利益至上人権抑圧と暴力実践至上洗脳のギャング下克上原理の軍需産業振興軍事納入開戦推進圧力集団だ。反欧米反共産党反人権のもと当時の青年将校などを集めた研究会などで反米反中国開戦実践主義を洗脳しつつ軍事納入利権金による釣り上げと反米反中国国粋民族至上洗脳で青年将校や政治家を釣り上げ開戦反対の政治家軍人暗殺部隊結成実行にまで至り日本の日本人軍属政治家も現れたそれが東条英機政権だ。

日本の当時の軍属東条英機などの軍需産業配当と軍需国内産業からの軍事入札ボケしていた「反幕府」「大政奉還尊皇」「維新」「反欧米」「脱欧入亜」の無知無能国粋利権政治家には、英米独伊仏オランダなどがほどほどに労働争議を嫌いほどほどにロシアの共産主義革命を嫌いほどほどに配当利益が減らないように共産主義打倒の愚痴を国際会議で述べたり反共民族至上の研究会を開いたり(多分、ナチスの前進悪魔教イルミナティバイキングギャングの脅しがその頃も欧米諸国になされていたのかもしれない)していたのを真に受けその気になってバイキングギャングのわなオフサイドトラップにバカみたいに引っかかったのが日本の軍属東条英機軍需利権屋政治家だっただけ。要するに日本の生活未来維新幸福実現結いみんな民主党緑や自民党一部の政治家外交は全く情報量でも判断力でも80年前とあまり進歩のないバイキングギャング迎合バカなまま恰も国民のためにしているかのような嘘だけうまい。特にヤクザ下克上民主党勝手連みんな生活未来緑ナチスバイキングギャング迎合バカ無知無能だからナチスバイキングギャングにおだてられ嘘つきまくりいいきになってる維新結いみんな民主党20代後半30代前半会社員風男集団地下鉄などで「共産党公明党社民党は秘密保全法でしょっぴいて口封じしてやる」と息巻いてるのは大笑いで滑稽だ。根拠は反反暴力だろう。汝殺すなかれにとどまる仏教が公明党であり無宗教キリスト教仏教問わず反暴力反差別反略奪が日本共産党であり多くの社民党等だからだ。

が、民主党維新結みんな生活未来は反共反社会主義反日の暴力至上原理なら生き残れると思っているのか?日本アジア自滅破壊の秘密保全法作成した勝手連みんな生活未来緑民主党は自分たちの王国でもできると妄想ってるのか?目的は日本アジア完全地上げーまともに権利を主張できる能力も知識も論理性を備えるものの全くいないアジア日本にする為なのに?日本の国立大学私大エリート官僚や欧米正規留学帰りエリート官僚や民間企業人などを中心とした国際的知的エリートを恰も「全部嘘がある裏がある」かのように中国文化人民大革命反知識無知無能非論理下克上でゴミのようにいじめ抜けば(あの周恩来すらいびり抜かれた毛沢東原理から始まった文化大革命。毛沢東は中国共産党の暴力革命「勝利」ののちで国際社会との労働生産性を競う中労働生産性が上がらない焦りから反欧米のみを求心力に全体主義で突き進み反人権反権利反個人主義を掲げ休憩時間や食料休暇を自主的廃止にしかえって労働生産性を下げ続けた。その毛沢東の全体主義と反欧米反外国主義毛沢東至上主義に基づく反人権残業代ゼロ身体的具体実行実践労働結果主義による虐待差別解雇自由国家全体主義で正当化していることを共産主義革命が目指したものと異なるあるいは残業代ゼロ休暇ゼロ休息ゼロ食糧配布差別結果主義虐待差別解雇かえって労働生産性落とし続ける原因実態を冷静客観的に分析し指摘続けた中国全土の国際比較法学者国際的官僚を毛沢東の邪魔と降格あるいは「汗水して働けばくだらないことは言わなくなる家族の食糧減らせばくだらないことは言えなくなる」と政策分析現場から追放された。あるいは中国全土で反毛原理の客観的分析的合理的労働生産性推進の人権派国際派エリート学者教育者文化人に至っては多くが中国全土で粛清虐殺という中国建国以来の知的生産性政策能力破壊が行われ中国近代化は50年遅れたと言われる。多くの国際的知的エリートが政治的粛清にあいあるいは多くの国際的知的論理的エリート学者が無残に暴力下克上反知識反論理無知無能下克上身体的実践で虐殺される中じっと国際的知的論理的エリート周恩来が耐えに耐え中国の知的論理的エリートを虐殺することは中国に対する反逆であると説き続けやっと虐殺指揮の四人組を国家に対する反逆罪で死刑に処し収まった。がその後も中国一部に中国革命のバイキングギャング全体主義暴力下克上解釈毛沢東原理の「殺戮を実践」とする流れは残り毛原理カンボジアのポルポト派支持派がポルポト派によるベトナム人民共産党軍ベトナム共産党員大量殺戮ベトナム米野菜略奪をソ連米国の和平協定に牽制されるまで続けた。)

後に残るは結局アジア一無能無知の原理だけがのして歩く知的生産性文化力でアジア最低のゴミの国日本とギャング下克上の御用聞き反日無知無能誇る日本人と在日台湾韓国中国ヤクザの群れ。例えば台湾韓国中国欧米ナチスヤクザご一行様が訪れるカジノのゴミ拾いと靴磨きの仕事を手に入れることがカジノの中でヤクザ遊興業に勤しむ在日台湾韓国中国ヤクザと在日台湾韓国中国ヤクザ勝手連にひれ伏す反日反米反中国ヤクザ下克上勝手連の反日で無知無能迎合バカ日本人民主党生活未来維新結いみんなの行く末であることは全体主義で時給下げ残業代ゼロ解雇自由でミヤンマー時給600円と競わせる勝手連民主党生活未来維新結いみんな戦略地区の方向からも明らかだ。

今も昔も無難な動きはどうせやられるなら軍事加害側に回らないフィリピンシンガポールタイなんだかんだバイキングギャング洗脳側のようなマレーシアインドネシアか。

再び惨めな戦争へのめり込むために国際法上認められていない海外共同軍事侵攻を憲法変えてまで認めさせおおっぴらに海外侵略地上げナチスの手先したがる民主党生活未来維新みんな結いも自滅バカだが似たような自民党も同じ自滅バカ。民主党生活未来維新みんな結いがナチスと大国主義に一泡吹かせましょうといっているうちにナチスとNATO米国中国韓国台湾豪州に爆撃されて終わるか?米国と韓国と中国侵攻で中国台湾への資源地上げに付き合って、その後結局中国資源にありつけず(ナチスの予定通り)米国になった中国との海底油田共同採掘反故にされ日本が頭に来て米国(元中国台湾)韓国豪州に対しミヤンマーパキスタンと手を組んで謀反起こし結果NATO米国豪州韓国軍に水爆落とされて終わり。日本は丸ごと韓国の領土に。

おバカな日本。

中国は明日のわが身、ポイントは反共じゃなくて資源だって言ってるのに!

第二次世界大戦前も今も外交の決め手は反米反共じゃない反バイキングギャング反ナチス民族至上暴力原理反イルミナティ反毛原理反暴力で居られるかだ</b>[#IMAGE|S17#][#IMAGE|S31#][#IMAGE|S33#]

アジアで強い資源国家は中国日本であることを理解しない日本の新保守系反共バカ反社会主義反人権バカ新保守政治家たち民主党生活未来維新みんな結い幸福実現緑の党など含め全く意味ない存在に近い。が客観的経済学政策学高度なテクノクラート優秀な人材揃っていた自民党でも同じなのか?


自民党も外交無能におちるのか?

海外共同軍事侵攻の罠オフサイドトラップ:

最近自民党でも自衛権と全く無関係なのにその正当化根拠に自衛っぽいにゅあを組み入れた自衛権詐欺つまり「海外共同軍事侵攻を自国民の生命身体財産を守るに必要な範囲におけいて認める」という紛らわしい自衛権詐欺の大嘘をつくようだ。が、上記でもこれまでブログでも何度も書いたように海外共同軍事侵攻はたとえ一旦国連決議の元で認められたとしても軍事侵攻の途中のどこまでが国連の安全保障理事会の認めたものかの判断は現場では難しい。極めて高度で巧妙な日本への避難決議の元になるオフサイドトラップになり得るのが原則的には絶対に国際法上も国際社会からも認められない海外共同軍事侵攻であり海外共同軍事侵攻行為は日本のような資源弱小国人種弱小国においてはなおさら絶対に行ってはなら無い落ちることのできない罠である。(以下 moreに続く)